ネット

TV会議や運送業のシステム|クラウド化で世界が変わる!

運送の効率化

システム

近年様々な業界でパソコンを使ったシステムが登場しており、運送業においてもシステムによる管理が勧められています。運送業で行なわれている業務として挙げられるのが、荷主からの受注を受けて伝票を発行する業務です。荷主の数が増えれば増えるほど伝票を発行する作業の手間がかかりますので、手書きや手入力では時間がかかってしまいますので運送業のシステムを導入して効率化しましょう。その他にも、運行指示書を作成する業務や請求書の発行や給料計算まで様々な業務を効率化することが出来ます。
運送業のシステムはクラウド化が進んでおり、インターネットを活用した機能なども登場しています。例えば、アルコールチェックと連動しているIT点呼サービスなども販売されており、飲酒運転を防ぐのに役立っています。また、テレマティクスサービスというシステムを導入することによって、GPS機能で社用車の運用をリアルタイムでチェックすることが出来るようになりました。運送業を行なうにあたってドライバーの教育は必要不可欠ですので、ドライバーが危険運転をしていないかどうかなどもチェックすることが出来ます。ドライバーの運転の傾向などを蓄積してデータ化することが出来るシステムなどもありますので、これまで知ることが出来なかったドライバーの運転の様子を可視化することができるようになりました。また、燃費の良い運転をしているかどうかもチェックすることが出来ますので、燃料代を削減するのにも役立ちます。